ヘッジファンドとして

ヘッジファンドとして会社設立をするには

トレーディングの腕前が上がってくると、ヘッジファンドを設立して、より大きい利益を追求したいと考えるのは自然なことです。個人で他人の資産を預かるわけにはいきませんから、もちろん会社設立をするのが良いでしょう。ただ、そのためには様々な規制をクリアしなければなりませんから、簡単なことではありません。

ここ最近で、世界的に見ても規制が強化される傾向がありますから、どのような規制があるのかを把握することは必要です。そして、それぞれの国の規制を把握したうえで、どこに会社設立をするのかを、まず考えるべきでしょう。国によっていろいろな違いがあり、設立しやすさも大きく変わってくるのです。

ヘッジファンドとして会社設立をしている企業は多くありますが、世界的に見ればオフショアに設立することが多いようです。オフショアとは、税率が低い国を指します。証券に関する税制は国によって異なっていて、税率が非常に低い地域もあるのです。たとえばケイマン諸島は租税回避地として有名で、多くのファンドが籍を置いています。会社設立をどの国で行うのかによって利益は大きく変わるわけですが、それとともにターゲットとなる顧客についてもよく考えなければなりません。

日本で会社設立をすることはできますが、ファンドとして他人から資金を預かろうとすると、厳しい規制をクリアしなければなりません。規制の緩い国もありますから、日本では無理な場合には海外まで視野に入れるべきでしょう。ターゲットまで考えるといろいろなことを視野に入れなければなりません。日本人をターゲットとする場合、日本人を対象として直接営業をするのは難しいといわざるを得ないでしょう。

そのため、証券会社を通じて販売するケースが多く取られています。この場合、もちろんですが証券会社と交渉することも必要でしょうし、そのためには実績を積むことも必要となってきます。海外で設立して海外のお客さんを対象とする場合でも、やはり証券会社を通じたほうがよい場合が多いです。誰をターゲットとしてどこに設立するのかを、きちんと考えておかなければなりません。

日本では規制が厳しいといわざるを得ないのですが、その理由は詐欺に用いられることがあるからです。このようなことを防ぐために規制が強化されているようですから、ただ単にトレーディングの腕前が優れているだけでは、簡単には設立できないと考えておいたほうがよいです。